JimdoCafe 広島

広島市内でモットJimdo!JimdoCafe 広島

Jimdoで、外部JavaScriptファイルを読み込ませたい!

Jimdoページにjsファイルを読み込ませたい!そんなときのあるあるメモ。

今の(20140917現)独自レイアウトをいれたあと、いれたかったjavascriptをいれたときに、

もしかすると誰かの参考になるかもしれない。と思ったことをメモします。

「どうやってheaderに書くの?」

ページにjavascriptをいれる場合、HTMLタグ(ソース)で<header></header>に記載するのが一般的でしょう。

Jimdoでそれを実装しようとすると、以下の2種類の方法があります

 

A・「headerを編集」で記入する

B・「独自レイアウトのファイル」からアップロードする

※どちらも、独自レイアウトでなくても実装

A「headerを編集」で記入する

直接scriptを書く場合や、別サーバーなどにUPされているものを記載するには、これでOKですよね。

Googleコードなどからひっぱってくる場合もこちらで問題ないと思います。

B「独自レイアウトのファイル」からアップロードする

「独自レイアウト」の「ファイル」からjsファイルをアップロードする。

すると、自動的にheaderに挿入されます。

別サーバーを持っていないかたがほとんどではないでしょうか?

だってJimdoだけで完結できる。これがJimdoのメリットでもあります。

AとBで大きくちがうことは、”挿入される場所”

A「headerを編集」で挿入したものは、</header>の直前。(headerの最後)

B「独自レイアウトのファイル」は、A「headerを編集」で挿入したものの直前に入ります。

 
と、いうことはです。
googleコードでjQueryはA「headerを編集」で入れてから
こちらでさせたいやつとか、配布してるライブラリはB「独自レイアウトのファイル」でアップだ!
・・・というのは、できません。
 
何故なら、jsには読み込み順がとても大事なものがあるあからです。
そして、一般のjQueryなどのライブラリファイルは、直リンクしてはいけないからです。
 
とはいえ、JQueryなどは、googleAPIやほかサーバーをつかわなくても、ローカルファイルにして(DLして)
使うものすべてB「独自レイアウトのファイル」でアップしてしまえば、問題ないですよね。

B「独自レイアウトのファイル」でJSファイルの順番を操作する

B「独自レイアウトのファイル」でアップしたファイルするときに、順番がどう反映されるのか、気になりますよね?

アップ順でもなく、ファイルの名前順(abc降順)になっているようです。

 

でも、ファイル名ってあまりかえたくない!ので、

a_xxxx.js

b_xxxxx.js

c_xxxxx.js

 

など、接頭語をつけてあげると便利だと思います。